ハマのオヤジの「しっかり投資でゆったり人生」
横浜生まれの横浜育ち、50をちょっと超えたオヤジです。人生の酸いも甘いも味わい、世の中の事も少し分かってきました。独自の視点で日常の出来事、人生観、投資のあれこれ、そして横浜の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融危機を乗り切るには
以前、世界の金融危機を乗り切るには、昔、商店街が行った「無尽」の理論を導入するのが良いのではと書きました。
毎月、店主がお金を出し合い、緊急の場合に使うというものです。

G20を中心に各国がお金を出し合って、500兆円から1000兆円プール。
金融危機やパニックを治めてはどうかと。

同じ事をある世界的に有名なコンサルタントの方が雑誌に書いており、少し驚きました
その方の試算では、米国の危機を救うには500兆円、欧州に本格的に波及した場合は1000兆円の資金が必要との事です。

ちょっと桁が違いすぎてピンときませんが、世界には不要不急のホームレスマネーといわれるお金が6000兆円あるそうです。

いわゆる投機マネーで、穀物や原油、不動産に投資してバブルを作っていた金です。
このうちの1000兆円で、国際的信用供与機関を作れば解決出来るというのがこの方の主張です。

日本は貯め込んでいる外貨準備高120兆円のうち100兆円、中国も180兆円のうち150兆円、オイルマネーで潤った湾岸諸国は200兆円、ロシアと台湾が50兆円、そしてアメリカとEUが200兆円、合計950兆円。

ちょっと前なら「自分のところで何とかしろよ」って感じでしたが、グローバル経済が複雑過ぎて、そうも言っていられません。

一番こわいのは場当たり的な対応で、ずるずる資本投入をしてしまう事です。
当然、公的資金ですから国民の血税、国営化された銀行は超健全経営を求められるので、当然貸し渋りが起こり、実体経済に影響が出ます。

ちなみに日本が失われた15年に投入した国民の血税が200~300兆円だったそうです。

来月15日に行われるアメリカで開かれる世界20カ国の緊急首脳会議で、具体的な対策や数字を明確にしないと、いよいよ本格的な金融危機がくると思います。

アメリカが正式に謝罪し、各国と協調することは言うまでもありません。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sikkaritoushi.blog40.fc2.com/tb.php/117-7e450472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー



プロフィール

ハマのオヤジ

Author:ハマのオヤジ
出生地:生まれも育ちも横浜
年齢・性別:5?歳の男性
職業:投資家(一応)
性格:誠実ですハイ
得意分野:政治経済、投資、アウトドアスポーツ、横浜情報



最近の記事



カテゴリー



おすすめサイト



最近のコメント



最近のトラックバック



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。