FC2ブログ
ハマのオヤジの「しっかり投資でゆったり人生」
横浜生まれの横浜育ち、50をちょっと超えたオヤジです。人生の酸いも甘いも味わい、世の中の事も少し分かってきました。独自の視点で日常の出来事、人生観、投資のあれこれ、そして横浜の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIGのボーナス騒動に思う
AIGのボーナス騒動、今度は支給を阻止できなかったガイトナー財務長官にも世論の怒りが向けられています。

基本的に法的な阻止は難しいと思っていた矢先、米下院本会議は、あっと言う間にボーナスの90%を課税する法案を可決してしまいました。

異例の早さだと思いますが、それだけ経済が悪化し、国民のフラストレーションが溜まっているのでしょう。

この騒動を見て、アメリカ企業で働いていた頃を思い出しました。
先ず年初に予算が各部署に割り振りふられます。

予算を達成できない場合は、広告を切る、派遣社員を切る、それでも厳しい場合は社員を切ります。

ただ日本の様に社長や幹部の給料がカットされる事はありません。
これは本社との契約がある事、絶対的権限を持っている事があります。
日本から撤退でもしない限り、給料は最後までキープされます。

10年ほど前、この会社は全世界的に10%の人員削減を行いました。
日本も同様に10%の人員削減が行われましたが、その直後、社長はピカピカのジャガーの新車に乗り換えました。

この時は流石に社員のモチベーションが落ち、何人かが自主的に辞めていきました。
今風に言えば、「空気を読めよ」というところです。

ましてやAIGは公的支援を受けているのでなおさらです
AIGのリディ最高責任者は、優秀な人材を引き止める為には仕方なかったと弁明していますが、そもそも優秀な人材が400人もいれば、こんな事にはならなかったでしょう。

ビックスリーのCEOが専用ジェットで公聴会に来た時にも書きましたが、今回の世論の批判は、アメリカにも一般的常識や正義があると思って嬉しくなりました。

日本ではアメリカ企業だから幹部は潤沢な給料や退職金をもらって当たり前、首を切って当たり前、仕方ない、そんな論調が今でも支配しています。

ただそれこそ思考能力が停止しているのであって、本当に疑問を持っているのであれば、おかしい事はおかしいと言える論理的能力と勇気を持つ事が、これからの時代、特に必要だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:おもうこと - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sikkaritoushi.blog40.fc2.com/tb.php/159-a9a156cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー



プロフィール

ハマのオヤジ

Author:ハマのオヤジ
出生地:生まれも育ちも横浜
年齢・性別:5?歳の男性
職業:投資家(一応)
性格:誠実ですハイ
得意分野:政治経済、投資、アウトドアスポーツ、横浜情報



最近の記事



カテゴリー



おすすめサイト



最近のコメント



最近のトラックバック



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。