ハマのオヤジの「しっかり投資でゆったり人生」
横浜生まれの横浜育ち、50をちょっと超えたオヤジです。人生の酸いも甘いも味わい、世の中の事も少し分かってきました。独自の視点で日常の出来事、人生観、投資のあれこれ、そして横浜の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁業用燃料費の補填
サンマ漁船が18日朝から一斉に休漁に入りました。
燃料高騰による窮状を訴えるねらいだそうです。

でも既に政府が原油高対策として、漁業用燃料費の値上がり分の大半を補てんする方針を決定したと思うのですが。総額745億円

先日、日比谷公園で漁業者約3,000人が集まり全国漁民大会を開催しました。
そこには漁業関連の議員が約100人も集まったそうです。
 
「原油高だから補填せよ」
なんとなく分かるけど・・・

でも何で漁業だけ?
運送業は何で補填しないの?
製造メーカーや小売業は身を削るような努力をしているのに。

よく調べてみると、もっと興味深い事があります。
漁獲高の約四分の一は「養殖」によるものだそうです。

それと「洋上交換」
漁獲高が大きい青森の八戸漁港では、ロシア人が漁獲したものを洋上交換。
日本海側でも漁獲高が大きい鳥取・境港など、北朝鮮の船と洋上交換しているそうです。

早い話、本当に漁業をしている人がどれくらいいるのか、そこを把握していなければ話になりません。
 
それと日本の漁港数は3,000、海岸線には12kmに一つ存在するらしいです。
漁獲高は1984年から比較すると半減、でも漁港はきちっと整備されています。

ダムと一緒で、本当に必要なのか。公共事業の為の公共事業ですかね。

極めつけは漁民の方の捕った魚が、私たちの手元に届く頃には、何倍にもなっているという事です。

いわゆる流通改革が行われていない証拠です。
中間マージンが75%という数字もあります。
 
最近の農業のように、産地直送で直接消費者や小売業者と契約してしまえばと思います。

スーパーの野菜売り場でよく見られる、生産者の写真入でのPOP。
「これは私が丹精込めて作ったレタスです」みたいに「これは私が命がけで釣ったカジキです」
深いしわの漁師さんの顔を載せて。
消費者も「ありがたく」いただくのではないでしょうか。

早い話、我々の税金で無駄な公共事業を行い、燃料費の補てんをし、挙句の果てに高い魚を買わされる・・・

今回の政府の決定、問題をただ燃料費の値上がりとしてしまう短絡的なところに、相変わらずの問題解決能力の低さを感じます。

スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sikkaritoushi.blog40.fc2.com/tb.php/83-794add6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー



プロフィール

ハマのオヤジ

Author:ハマのオヤジ
出生地:生まれも育ちも横浜
年齢・性別:5?歳の男性
職業:投資家(一応)
性格:誠実ですハイ
得意分野:政治経済、投資、アウトドアスポーツ、横浜情報



最近の記事



カテゴリー



おすすめサイト



最近のコメント



最近のトラックバック



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。