ハマのオヤジの「しっかり投資でゆったり人生」
横浜生まれの横浜育ち、50をちょっと超えたオヤジです。人生の酸いも甘いも味わい、世の中の事も少し分かってきました。独自の視点で日常の出来事、人生観、投資のあれこれ、そして横浜の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーマン、AIGの「去るも残るもチャンス」
毎日の株の乱降下で、むち打ち症になりそうです。

今回、AIGを助けリーマンを切り捨てたFRBと米政府の判断基準は何なのでしょう。
一言で言えば、世界130カ国で展開するAIGが突然消滅した場合、予測不可能な事態を生ずる可能性があるという事でしょう。

リーマンの顧客はプロの投資家、AIGの顧客は多数の企業と保険加入者。
早い話、破綻した際の影響の違いというところでしょうか。

それにも関わらず、今日のNYダウは449ドル安、少なからず日本の株価も影響を受けるでしょう。

AIGを助けたのに何故?
これによって、投資家の読みが、逆に疑心暗鬼になってしまったからではと思います。
実質経済よりも投資家心理がかなり悪化していると思います。

私の場合のファンドに対する対応策は
1、静観する
市場の動き、業界再編を読む。意味のない損切りはしない。底値を見極める。

2、商品の差し替え
同じ株価、基準価格であれば、将来性のある商品や公益株で毎月配当型に切り替える。


3、債権購入
確実な配当が見込める債権を購入し、収入を安定させる。

4、株、ファンドの購入
割安感のある株、ファンドの底値を見極め購入する。

テレビではカジュアル姿のリーマン社員が、ダンボールに自分の荷物を詰め込み、会社を去る姿が映し出されています。
残ったAIG社員もこれからリストラが待っているでしょう。

私も約3年半前に長年勤めた会社が突然買収された経験を持っています。
社員が知ったのはインターネットを見たお客さんからの連絡。
本当に突然でした。

何せ売り上げも利益も過去最高の結果を出していましたから、その時は「何で?」という疑問しかありませんでした。

リーマン、AIGの社員の方にとっては「去るも残るも地獄」といった心境かもしれません。
ただ私も会社を辞めて2年が過ぎましたが、「こんな世界があったのか」と驚く事がたくさんありました。

人生、山あり谷あり、ファンドの世界も一緒です。
このような時の心の持ち方、行動が人生を大きく左右します。

「去るも残るもチャンス」
気持ちを強く持って前向きに生きていけば、必ず道は開けると確信しています。
スポンサーサイト

テーマ:投資に役立つデータ - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sikkaritoushi.blog40.fc2.com/tb.php/98-33bd5cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー



プロフィール

ハマのオヤジ

Author:ハマのオヤジ
出生地:生まれも育ちも横浜
年齢・性別:5?歳の男性
職業:投資家(一応)
性格:誠実ですハイ
得意分野:政治経済、投資、アウトドアスポーツ、横浜情報



最近の記事



カテゴリー



おすすめサイト



最近のコメント



最近のトラックバック



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。